フリーランス エンジニアが取得すべきおすすめ資格 3選

目安時間:約 7分
  • はてなブックマーク
  • 人気ブログランキング

 

フリーランスを行う上で、資格取得は自身の能力をアピールするための有効な要素といえます。
ITエンジニアの業務は「その資格がないと従事できない」という性質ものもではありませんが、資格を有している事で一定の知識を有している証明になるためです。
しかしエンジニア系の資格が非常に種類が豊富で、アピールできる分野も異なっています。やみくもに取得しても意味がありません。きちんと自身がアピールしたい能力を見据え、その能力に合った資格を取得することが重要となります。
今回はそんなITエンジニアが取得すべき資格について、特におすすめできる資格を3つ紹介いたします。

 

1.ITエンジニアと資格の関係性について

 

ITエンジニアにとって、自身のスキルをアピールすることは非常に難しいとされています。その理由として、成果物が公開できないところにあります。
デザイナーやライターは、自身の成果物で「この程度のクオリティで納品できる」ということをアピールすることができます。成果物の提出は、その個人の能力をアピールするための一番確実な方法といえます。
しかし、ITエンジニアの場合、納品したシステムは納品後のシステムは顧客の持ち物となってしまうため、公開することはできません。また、システムは一人で作り上げるものではないため、「◯◯システムの開発に従事した」と記載しても、それはチームとしての功績であって個人での功績ではありません。
そんなIT業界で自身の能力をアピールするためには、資格が有効となってきます。資格にはそれぞれ必要となる知識が公開されています。その資格を保有しているということは、その知識水準をクリアしているということの証明になるのです。
また、案件によっては資格保有者がいないと入札できないものもあります。例えば官公庁系の案件では、PMPやネットワークスペシャリストを保有しているSEがプロジェクトに参画していることが必須条件となっている場合もあります。会社にそのような資格保有者がいないと、そもそも入札ができないため、会社としては資格保有者を優先して採用します。
このようにITエンジニアにとって資格取得はぜひ行っておくべきものといえます。

 

 

2.おすすめ資格3選

 

それでは具体的にどのような資格を取得すべきなのでしょうか。
次に特におすすめできる資格を厳選して3つ紹介いたします。

 

 

2-1.基本情報技術者試験、応用情報技術者試験

 

基本情報技術者試験、応用情報技術者試験は、IPAが主催している情報処理に関する資格です。
この2つはITエンジニアにとって登竜門といえる資格です。ITエンジニアでは受験していない人はいないと言っても過言ではありません。
基本情報技術者試験は、その名前の通りITエンジニアとしての基礎的な知識について問われます。システム開発についての幅広い知識が必要となりますが、全て選択式の試験となっているため、比較的に取得しやすい資格でしょう。
応用情報技術者試験は、上記基礎的な知識をベースとした応用的な知識を問われる試験となっています。応用情報技術者試験は、ITエンジニアのリーダー的存在として独力でシステム開発を行えるスキルが求められます。
試験は選択式のほか記述式の項目もあります。システム開発について深く知っていないと回答できない問題が多いため、学生のうちに資格取得するには、勉強だけでなくシステム開発のセンスを磨く必要があります。
両試験ともに4月と10月の年2回受験可能です。合格率は20%前後で、比較的取得しやすい資格といえます。

 

 

2-2.ネットワークスペシャリスト試験

 

上述の基本情報技術者試験、応用情報技術者試験と同じIPAが主催する資格です。基本情報技術者試験、応用情報技術者試験はシステム開発に関する幅広い知識が必要に対し、ネットワークスペシャリスト試験はネットワークの構築に関する専門的な知識が必要となります。
試験の難易度も非常に高く、実際にネットワーク構築に携わっているエンジニアでもハードルが高い試験です。
そのため、この資格を取得しているということは、ネットワーク構築業務においては非常に高いアドバンテージとなります
ただし、必要な知識がネットワークに特化しているため、例えばサーバ構築やデータベース構築をメインに行う業務には訴求力とならないため注意が必要です。
年1回、毎年10月に開催しています。

 

 

2-3. オラクルマスター

 

オラクルマスターは、Oracle社が主催している、自社の製品知識に関する資格です。主にデータベースに関する製品知識が問われます。
Oracle社はデータベースソフトの中ではトップクラスのシェアを有しており、様々なシステムで利用されています。
オラクルマスターはOracleのデータベースを構築するための知識を有している証明となるため、システム開発の現場では非常に有利に働きます。
IPA主催の試験で、データベーススペシャリストも存在します。こちらも資格としては訴求力がありますが、Oracleに特化した知識の証明としてはオラクルマスターの方がアピールできるでしょう。
試験はテストセンターでの受験のほか、オンライン試験の受験、企業での受験など、様々な方法で可能となっています。

 

 

3.まとめ

 

フリーランスのエンジニアとして活躍するためには資格取得は必要不可欠といえます。自身の能力のアピールだけではなく、案件の入札条件となっている場合があるためです。
ITエンジニア向けの資格は数多くあります。それらは専門的知識の証明となるため、自身が進むべき道にマッチした資格を取得する必要があります。
これらを参考に、ぜひ資格取得を行いましょう。

  • はてなブックマーク
  • 人気ブログランキング

この記事に関連する記事一覧

コメントフォーム

名前

メールアドレス

URL

コメント

CAPTCHA


トラックバックURL: 

ページの先頭へ