フリーランスを行うにあたり必ず考えなければならないのが、確定申告をどうするのかということです。

確定申告は規定以上の収入がある場合、必ず行う必要があります。もし申告を行わない場合、最悪追徴課税を取られてしまうため注意が必要です。

そんな確定申告ですが、青色と白色の2種類があることをご存知でしょうか。それぞれ申告可能の条件や税控除率が異なるため、フリーランスを行う場合には知っておくべきでしょう。

今回はそんな確定申告について、青色申告と白色申告の違いを中心に紹介いたします。

 

 

1.確定申告とは

 

副業を行わないサラリーマンは、年間いくらの収入があるのかを、所属している企業が把握しています。そのため国はそれぞれの企業から個人の総収入額を把握し、所得税額を確定させます。

しかしフリーランスや自営業、サラリーマンで副業を行っている場合は、収入を把握することが非常に困難となります。

そのような対象者が年間に所得した収入を申告し、所得税を納付することを確定申告といいます。

確定申告は所得が少ない場合など申告を行わなくても良いケースも存在します。

しかしフリーランスの収入で生計を立てている場合、ほぼ確実に必要となります。確定申告を行わない場合「所得隠し」と判断され、追徴課税を課せられる可能性があるため、必ず行いましょう。

 

 

2.青色申告と白色申告の違いは?

 

それでは確定申告を行う際の青色申告と白色申告にはどのような違いがあるのでしょうか。

次にこれらの違いについて紹介いたします。

 

 

2-1.青色申告とは

 

青色申告は、個人事業主のうち開業届と青色申告承認申請書を国税局に提出した場合に行える申告です。

大きな特徴として青色申告特別控除が挙げられます。所得額を最大65万円控除した額で所得税額を計算できるというものです。

節税効果が非常に大きく、帳簿を付けることの手間を差し引いても十分メリットがあります。

その他には赤字額を3年間繰り越せる「純損失の繰越控除」も適用されます。これにより、初年度大きく赤字となった翌年に大きく利益を得たときも、所得税額を抑えることができます。

 

 

2-2.白色申告とは

 

白色申告は、開業届、青色申告承認申請書を提出していない事業主が行う申告です。

基本的に青色申告の手続きを行わない場合、この白色申告となります。

白色申告の利点としては、帳簿付けが簡単で済むと言うことです。青色申告の場合は複式簿記が必要となりますが、白色申告では単式簿記での帳簿付けが可能です。

単式簿記は借方、貸方を表す必要がないため非常にシンプルで資料作成の手間が少なくすみます。

その代わり、青色申告で説明した青色申告特別控除、純損失の繰越控除などの税制上のメリットを受けることができなくなってしまいます。

 

 

2-3.どちらがお得なの?

 

青色申告は帳簿が複雑となりますが、収入が大きい場合節税効果が高くなります。

白色申告は手軽に事業をできる代わりに節税効果が見込めません。

収入が大きい人は節税効果の高い青色申告、フリーランスを始めたばかりなどまだ収入が低い場合は手軽に可能な白色申告を選びましょう。

 

 

3.まとめ

 

フリーランスが行う確定申告には、青色申告と白色申告の2種類存在します。

青色申告は個人事業主のうち開業届と青色申告承認申請書を国税局に提出した場合に行う申告です。

複式簿記での帳簿付けが必要となりますが、節税効果が高いため、収入の大きい事業主はほとんどこの青色申告を選択しています。

白色申告は帳簿付けが簡単ですが、青色申告で得られる税制上のメリットが受けられなくなります。

収入が大きい人は青色申告、フリーランスを始めたばかりの人や副業などで収入が少ない人は、シンプルな白色申告をおすすめします。