モンティ・パイソンTシャツ / tnk_gn

最近Python(パイソン)というプログラミング言語が人気を集めていることをご存知でしょうか。
Python(パイソン)は未経験からでもプログラマを目指せるということで、多くのエンジニアの卵が習得に心がけています
市場でもPython(パイソン)の案件が最近増えつつあり、業界でも注目されています。
今回はそんなPython(パイソン)について、言語の基礎知識から未経験者がマスターするために必要な手段などについて紹介いたします。

 

 

1.Python(パイソン)とは?

 

Python(パイソン)は、1991年にオランダで開発されたプログラミング言語です。
その大きな特徴としてシンプルなコードがあります。文法を出来る限り読みやすいように工夫されているため、初心者でも容易に取り扱うことができます。
また、Python(パイソン)はオブジェクト指向、手続き型など、様々な形式でコーディングすることができます。
処理が軽く高速で処理が可能のため、データ解析やAIなどの分野で活用されています。
扱いやすさと汎用性の高さ、学習のしやすさなど、Python(パイソン)は世界中のプログラミング言語の中でも特に優れており、今様々な人気度ランキングでダントツの1位を獲得しているプログラミング言語です。
フリーランスにおいても案件数は徐々に伸びており、習得をおすすめできる言語といえます。

 

 

2.Python(パイソン)はプログラミング入門に最適!

 

Python(パイソン)は未経験者が学ぶ入門書として最適な言語です。
それでは具体的になぜ入門に最適なのか、その理由について見ていきましょう。

 

 

2-1.Python(パイソン)がプログラミング入門に最適な理由は?

 

Python(パイソン)の最大の特徴に、シンプルな文法が挙げられます。可読性の高さに重視した作りとなっており、読みやすく書きやすいプログラミング言語といえます。
他人が書いたコードもクセがなく読みやすいことから、初心者でもすんなりと理解することが可能です。
また、Python(パイソン)は世界的に普及しているということも入門に適している理由として挙げられます。世界中にコミュニティがあり、様々なFAQが存在します。困ったことがあればインターネットで検索することですぐに解決策が見つかります
それらプログラミング言語としてのわかりやすさとコミュニティの多さが、未経験者に入門しやすいポイントでしょう。

 

 

2-2.未経験者がPython(パイソン)をマスターするには

 

Python(パイソン)をマスターするためにはいくつかの方法があります。
まず、Webや書籍を利用して独学で学習する方法です。Webや書店には非常に数多くのPython(パイソン)に関連する資料があります。
Python(パイソン)は非常にわかりやすい言語のため、他の言語に比べてスムーズに習得が可能となっています。
ただし最短で習得し、すぐに現場で活躍したい場合は、オンラインプログラミングスクールなどを利用することをおすすめします。オンラインプログラミングスクールは、実戦で役立つスキルを効率良く学ぶ事ができます。
フリーランスを目指す方は、ぜひオンラインプログラミングスクールを活用しましょう。

 

 

2-3.Python(パイソン)に触れてみよう

 

Python(パイソン)は未経験者でも習得がしやすいプログラミング言語ですが、机上の学習だけではなかなか理解できない場合もあります。
そのようなときは、ぜひ開発環境を構築してみましょう。Python(パイソン)は無料でダウンロード可能。Web上には画面イメージ付きでインストール方法をわかりやすく解説しているサイトがあるため、初心者でも簡単に導入可能です。
実際に動作させることで理解が深まります。簡単な開発でしたら自宅のパソコンでも可能ですので、ぜひ開発環境の構築をしてみましょう。

 

 

3.まとめ

 

Python(パイソン)はAIやデータ解析に利用されるプログラミング言語です。近年様々な有名Webサービスでも利用され、今世界中で注目度の高いプログラミング言語です。
その大きな特徴は、シンプルな文法で可読性の高いコードです。読みやすく書きやすいプログラムは、初心者でも習得が可能な、プログラマになるための入門書といえます。
Python(パイソン)習得には独学でも可能ですが、現場ですぐに活用したい方は、オンライン・プログラミングスクールの活用をおすすめします。
ぜひPython(パイソン)を習得し、フリーランスとして活躍しましょう。