Webシステムを開発する際、どのフレームワークを利用するのかは非常に重要となります。フレームワークにはそれぞれ特性があり、フリーランスとしてWebページを作成する場合、それら特性をおさえた上で最適なツールを利用しなければなりません。
少し前まではWordPressなどが主流でしたが、Ruby On Railsの人気が高まりつつあることをご存じでしょうか。
Ruby On Railsは様々な工夫がなされており、効率良くコーディングが可能です。
今回はそんなRuby On Railsについて紹介いたします。

 

 

1.RubyとRailsとの違いは

 

Ruby On RailsはRubyをベースとしたオープンソースのWebアプリケーションフレームワークです。
RubyとRuby On Railsを混同しがちですが、この両者は明確に異なります。
Rubyはプログラミング言語です。プログラムを作成するための基礎となる言語です。
一方Ruby On Railsはプログラムを組むための枠組みといえます。
システムを開発する際、共通的に利用できる機能がいくつか存在します。例えば会員登録を行うページの入力チェック機能。未入力や数値のみなど、ある程度やることは決まっています。
Rubyは非常に優秀なプログラミング言語ですが、それらをイチからコーディングを行うのは非常に効率が悪く、時間がかかってしまいます。
そのような共通的な機能をフレームワークという枠組みとして提供しているのがRuby On Railsです。Ruby On Railsを利用することで、効率良くWebシステムの開発が可能となります。

 

 

2.Ruby On Railsについて

 

それではRuby On Railsではどのようなシステム開発ができるのでしょうか。
つぎにRuby On Railsでできることなどについて見てみましょう。

 

2.1.Ruby On Railsのメリットは?

Ruby On Railsを利用するメリットとして、誰でも簡単に、効率良く開発ができるという点が挙げられます。
コードの記述方法に細かなルールが決まっており、そのルール通りに書くだけで、簡単に開発が可能となっています。
また、ルールが細かく決まっているため開発者でのコードの差が少なく、他人のコードの可読性も良くなります。
これにより開発効率を上げ、より短期間で開発が可能となってきました。
オープンソースのため無料で利用可能、数多くの日本語の解説サイトがあるため、ベンチャー企業では人気の高いフレームワークとなっています。

 

 

2.2.Ruby On Railsでできることは?

 

Ruby On Railsは、Webアプリケーションの開発に適しています。様々なフレームワークが提供されているため、SNSなどの開発を効率良く進めることができます。
また、Ruby Motionというスマートフォン用のコードに変換するツールも提供されています。
そのため、スマートフォン用のアプリ開発にも適しているでしょう。

 

 

2.3.WordPressとどっちがいいの?

 

Webページの作成の案件では、他にはWordPressがあります。求人サイトを見るとWordPressの案件の方が多く見受けられます。
WordPressではプラグインが数多く用意され、Ruby On Railsよりも容易にシステム開発ができます。そのため参入障壁が低く、様々なエンジニアが利用しています。
それだけに案件当たりの単価はRuby On Railsに比べると低くなりがちです。
高単価の大規模システム開発を行いたい方はRuby On Railsをおすすめします。

 

 

3.まとめ

 

Ruby On RailsをRubyをベースとしたフレームワークです。制約を多く設けることで個人によるコーディングの差が出ず、誰でも比較的簡単に習得することが可能です。
Ruby On RailsではWebシステムやスマートフォン用のアプリなど、現在需要の多い分野で利用できます。
比較的高単価な案件が多いため、ぜひ習得を目指しましょう。